気 切 チューブ。 気管切開(気切)の手術・交換手順、安楽のための観察・看護ケア

GB気管切開チューブ

甲状腺を上部に持ち上げ、気管軟骨を切開。 ここでは、主に成人用の従来型の標準的 なチューブについて記載しています。 対象:医療機関・高齢者施設等 院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。

1
カフ付き、カフ上部吸引付(気管切開直後、陽圧式の人工呼吸器を使用している場合に使用) 分泌物、血液が気管内に流れ込んでくるのを防ぎ、カフと気管支を密着させて呼吸器から送られてくる吸気ガスが漏れないようにします。 麻酔道具(麻酔薬、注射器など)• 本サイトの「製品」「ブランド」「リソースセンター」で提供している情報は、医療関係者を対象としています。

気管切開チューブが抜けた場合の対応は?

鼻は吸った空気に加温加湿し、気管や肺を守る機能を持っていますが、カニューレを通して呼吸する場合にはこの機能が働きません。 また、気管挿管の中にも 「経口気管挿管」と 「経鼻気管挿管」があります。 気管切開部の皮膚の状態を確認する• 痰が多い場合は、末梢の痰を可能な限り中枢に集めて行うか、短時間の吸引を頻回に行うことで対応します。

BCI、CADD、Deltec、Graseby、Jelco、Level 1、Medex、Medfusion、Pneupac、Portex、Surgivet、Wallace、Smiths Medicalおよびこれらを模したデザインマークはすべて、スミスメディカルの商標です。

気管切開チューブからの気管吸引

2、気管切開の手術 気管切開の手術は執刀医が行いますが、看護師は執刀医のサポート役を担います。 それゆえ、約12~15cmを目安とし、深く挿入しないように注意してください。

1
ドラマなどでよくみられる気管切開は、輪状甲状軟骨穿刺・切開といい、気管切開とは異なる位置で行われるより簡易的な方法です。

気管切開チューブからの気管吸引

カフを膨らませたあと、シリンジをつけた ままにしておくと、空気が徐々に抜ける リスクが高くなるため、空気を入れた後は 必ずシリンジを取り外します。

13
分泌物の程度、呼吸状態を観察• パルスオキシメーター• カフは、気管内で風船のようなものを膨らませ、気管カニューレを気管内に固定する意味と、口腔内の分泌物を気管内に流れ込むのを防止する役割を持ちます。

気管内チューブの各部の役割

気管切開の歴史は紀元前3000年前の古代エジプト文明にまで遡ると言われており、数ある救命処置の中でも非常に長い歴史を持ちます。

6
サイドチューブからの吸引前後は、アルコール面などで消毒します。 これらを未然に防ぐためにも、高い意識を持って観察しなければいけません。

気管切開チューブが抜けた場合の対応は?

人工鼻の加湿状態• そのため、定期的に行う必要はなくその都度必要性を評価することが大切です。 そのため、適切にチューブを選択することが必要です。

1
カフ付き、カフなし 人工呼吸器から離脱を進める段階、離脱が成功した場合に使用 人工呼吸器を装着していない時間が増えると、チューブ内の分泌物が乾燥し閉塞のリスクが高まります。 サイドチューブからの吸引の方法について サイドチューブの吸引は、吸引器の接続管を直接接続することで吸引が可能です。

気管内チューブの各部の役割

呼吸は生命に関わる生体運動であるため、合併症を発症し、重症化すると容易に死に至ってしまいます。 大きな違いは、これでお分かりいただけると思います。

1
看護師は患者の命を守ることが仕事であるため、入院中だけ看護すれば良いという考えでは看護師失格と言えます。

鼻腔・気切部に使用した吸引チューブの取り扱いについて

カフ用注射器でカフにエアリークがないことを確認• 私もこれまでの施設でそのような事例を耳にしたことがありますし、医療安全調査機構にも死亡例の報告があります。 0(39Fr) カフなし型 内筒管付 仕様 製品番号 内径mm (内筒管) 内径mm (気管切開チューブ) 外径mm (気管切開チューブ) 有効長mm 包装単位 綿テープ付 滅菌済 単回使用 0204430 5. カニューレを抜去する• もちろん、汚染や出血があればその都度交換しましょう。

20
ガスバリア性を施したGBカフを採用することで、エアー抜けを大幅に減少させました。 気管孔が不潔にならないように注意が必要です。

気管切開 チューブの種類

図1 気管切開術を行った患者さんの呼吸と嚥下 カフ上部吸引付きが良い理由 切開部からの出血とともに、口腔から流れ込んでくる唾液や、鼻腔・副鼻腔などから流れ込んでくる分泌物がカフ上部に貯留します。

3
また、チューブ自体に蓋をして吸気も呼気も自力で行う練習も可能ですが、抵抗が大きいので、適応できるかの評価が必要です。