静岡 大学 学務。 静岡大学:お問合せ

静岡大学

防災総合センター• 体育・課外活動施設• 2015年入学生用の静岡大学案内によると、応用生物化学の1分野がある。 過去15年の経験・実績を本学で活かして参ります。 浜松キャンパス共同利用機器センター• - を国立移管し、農学部を設置。

理学専攻• ( )• 静岡大学学術院工学領域系列規則によると、機械工学系列、電気電子工学系列、電子物質科学系列、化学バイオ工学系列、数理システム工学系列、事業開発マネジメント系列がある。 環境科学、生態学、造林学、広域生態学、森林防災工学、森林利用システム学、環境社会学、持続可能型農業科学、の各研究室が開設されている• また、学内や社会の僅かな変化は、文章にまず現れます。

静岡大学 学生支援センター

研究指導分野 哲学芸術文化論、、歴史文化論、国際言語文化論、比較言語文化論• 家政教育専修• 使用学部:情報学部、工学部• 定員は男子寮:288人 72室 、女子寮:228人 57室。 エネルギー・電子制御コース• ナノビジョンサイエンス部門• ( )• 臨床心理学コース• - 工学研究科(修士課程)を設置。 生物資源科学専攻• 柴田 昌幸 客員教授 情報基盤センターの客員教授として2018年度から活動させていただくことになりました柴田昌幸です。

農学領域• ナノビジョン工学専攻• 応用生物化学 天然物有機化学、生物化学、食品栄養化学、生物工学、応用微生物学、細胞生物学、動物生理学、植物機能生理学• 発達教育学専攻• jp 浜松キャンパス 修学サポート室(こみさぽ) (工学部7号館3階) 053-478-1504 syougai-h adb. 「静岡大学の学部、大学院及び研究所に置く講座等の教員組織を定める規則」が廃止され、2015年度から教員組織の「学術院」が教育や研究を担当することになった。 使用学部:人文社会科学部、教育学部、理学部、農学部• それまでは、講座として、経済システム、経済情報、公共政策、比較政策、経営情報があった(いずれも修士講座)。

スタッフ

ただし、教職員、学生の所在及び電子メールアドレス等の個人情報にはお答えできませんので、ご了承ください。 情報科学科• 音楽文化専攻(、、、、法、など)• 電子物質科専攻• それまでは、講座として、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、技術教育、家政教育、英語教育、学校教育があった。 - 工学部・工学研究科を改組。

アジア研究• 「静岡大学の学部、大学院及び研究所に置く講座等の教員組織を定める規則」が廃止され、2015年度から教員組織の「学術院」が教育や研究を担当することになった。

静岡大学:お問合せ

(所要時間約15分、7時台2本、8時・9時台3本、日中1時間に1本運行。 授業パッケージ方式による就業力の育成 2010年度 - 2014年度• 地域の国際化に対応する教育プログラム開発(2005年度 - 2006年度)• 人が書く文章には、いろいろな価値が含まれています。

12
比較言語文化コース• 2016年度入学生以降• 部(インカレ準優勝)• 水圏生態系部門•。 新しい情報基盤で利用状況のデータ取得・分析を行って効果的・現実的な無線LAN利用を研究していきたいと思います。

センター長・教員 挨拶

工学及び応用化学技術部門( 、教職員の交流のみ)• 多角的評価で磨く文工融合型情報学教育(2004年度 - 2006年度)• 長谷川 孝博 教授 センター長 (浜松オフィス/専任教員) 本学の情報基盤の運営に長年携わって参りました。 情報学専攻• 2016年入学生用の静岡大学案内によると、理論と情報分野、経済と政策分野、企業と経済分野がある。

6
計算機科学プログラム• - 静岡県立農業補習学校教員養成所(後の静岡青年師範学校)設置。

静岡大学保健センター

静岡大学のホームページから「在学生の皆様」のページにアクセスすると、楽譜と静岡大学混声合唱団による演奏を鑑賞することができる。 学校教育研究専攻(修士課程)• その他の相談につきましては、なんでも相談ダイヤルでご対応いたします。

20
、との単位互換・学術交流に関する協定(2008年)• 社会科教育専修• ( )• 情報システムプログラム• - により・・・・を包括して、静岡大学が発足。 技術教育専修• 不正利用を行った場合、たとえ一個人の不正であっても静岡大学からの全アクセスが停止される可能性があります。

事務組織・窓口│静岡大学:大学紹介

今後も「便利、快適、かつ災害に強い情報基盤」の実現に向かってセンター全員で努力してまいりますので、皆様のご支援をよろしくお願い致します。 附属図書館• 佐鳴会館• 地域中核拠点(文部科学省・経済産業省)• 混声合唱団(全国大会(大学部門)15回(9年連続)出場、金賞授賞5回)• 情報社会デザインプログラム• 藤枝フィールド - 農場、教育関係共同利用拠点• 「静岡大学の学部、大学院及び研究所に置く講座等の教員組織を定める規則」が廃止され、2015年度から教員組織の「学術院」が教育や研究を担当することになった。

7
大学間協定• 専門職大学院等教育推進プログラム• 光電子マイクロ研究所及び集積システム研究所( 、教職員の交流のみ)• 社会科学学院( )• 生態系保全と人間の共生・共存社会の高度化設計に関する環境リーダー育成 2010年度 - 2014年度• 総合科学教育課程• 安全衛生センター• 事業開発マネジメントコース• 人文社会科学領域• 大学間交流に関する包括協定・大学院研究科間による学生交流に関する覚書 2010年• 学校組織開発領域• なお、静岡大学大学院総合科学技術研究科規則では専門分野について定められていない。 光電・精密コース• ( )• 大学の無線LANは端末デバイスをネットワークに接続する機能だけでなく、オンライン教育や電子教材の提供など大学のデジタルトランスファー全体の中で考えていく必要があると考えています。