ヤンデレ pixiv。 花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

「ヤンデレ」は、まさにその極端な行動原理によって人気を博したのである。 簡単に説明すると、 「 相手への好意が強く高まり過ぎた結果、病的な精神状態になってしまうこと。

10
また、こうした線引きはあくまでネットの一部で行われ、広められたものに過ぎないので、 決して「周知の事実」とは言えない点には注意が必要である。

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

記事末尾の項目の一つ)までスクロールするかどうかにも注意が必要である。 この他にも「 東方ヤンデレ」では、一般の「ヤンデレ」にみられるその完結した狂気性と、清廉なまでの一途さが多様な形で描き出されている。 「ツンデレ」とて結局は主人公の許に落ち着く、予定調和な「」の一種と化しており、発狂はおろかネガティブな感情が見られる機会さえ稀であった中に現れた「濃い」人物群は、相当斬新かつ刺激的なものに映った。

20
見てゆくと分かるように、「ヤンデレ」は第三者はおろか恋愛対象とすらまともにを取ろうとしていない。

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

下2つは性描写以外による成年指定推奨表現(、)にかかりがちで、も存在する。 最初から発症している場合、直接の接触がある前から既にが始まっている事も。 加えて、本ページにも存在するピクシブ百科事典のサービスの一つである、「pixivに投稿された作品」(投稿された作品のランダムピックアップ機能の欄。

7
「ツンデレ」同様、ある程度結末の見える展開の方が好まれるようになり、萌え本来の文脈に近づきつつあると言える。 加えて作品を作る際にも、自らが描くその狂気性に心を痛めてしまわないよう注意が必要である。

ヤンデレ (やんでれ)とは【ピクシブ百科事典】

故に異なる意見に触れられないまま思考を先鋭化させてゆく。

ヤンデレにみられる「」とのコラボレーションでは輝く刃や無骨な太刀を手にした少女たちがこちらを見ている様子などが描かれる他、先述のとおり自身かあるいは誰かの血しぶきを浴びたものもある。 ヤンデレは「」等と違い明確な定義はない為、迷った場合は相手の為に行動したなら「ヤンデレ」自分のためなら「メンヘラ」と解釈すれば分かりやすいかもしれない。

ヤンデレ (やんでれ)とは【ピクシブ百科事典】

また、外観的にも記号化が進み、次第に初見で識別が可能にもなっていった。

15
概要 の登場キャラクターが誰かを想うあまりにその心を病み、と化してしまった様子を描いた作品に用いられるタグ。 三人の女性をうまく利用してヒモ男のような生活を送っていたが、幼少期にある約束をした幼馴染の「サクラ」と再会する。

東方ヤンデレ (とうほうやんでれ)とは【ピクシブ百科事典】

またその性質上、R-18やR-18Gの作品も多い。

14
先行する「」からの派生で男性向け文化を中心に中~後半にかけて広まった。

加圧されたマシュマロ ~ヤンデレ・修羅場・三角関係まとめ~

小説執筆初心者です。 2000年代後半はいわゆるの台頭等によって、長らく男性向け萌え文化の中心にあった「」物が退潮し始めた時期でもあり、創作物においても「性の乱れ」に対する目が厳しくなりつつあった。 というのが本作の導入部分です。

6
上記の要件を受け入れられる性格、度量を持ち得たを除き、大抵は暗い結末を迎え、そうでなくても想定通りの形で恋愛が成就する事は少ない。

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

従来的な観点からも、「ヤンデレ」の存在感は無視できないものであった。

5
特に女性は、男性は化しやすい。 更に、「コミュ障で世界が狭い」という点は層が抱えやすい特性でもあり、全く理解不能な存在というわけでも無かった。

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

苦手な方はブラウザバックを推奨します。 古くはのや、の、の『』に行き着くほか、個人の創作物においても『』のまで遡るなど、キャラクター造形としては古典的な部類である。

1
短編集として出していたのですが、分かりにくいとの事でこちらで纏めて再投稿しています。 求められる描写が「病み」から「その結果としての盲従・献身」に移行したと言え、日常生活、特に対象側にマイナスの影響を及ぼす行動が忌避されるようになった。