土壌 汚染 対策 法。 環境省_ガイドライン・マニュアル等

土壌汚染とは?わかりやすい!土壌汚染対策法と汚染土壌処理方法|バイオ浄化技術

掘削除去や原位置浄化等があります。 この場合においては、あらかじめ届ける必要があることとされ(30日前までに届け出ることは不要)、届出があった場合は、都道府県知事は必ず土壌汚染状況調査を命ずることとされています(土壌汚染対策法3条8項) 。 条例などで土壌汚染調査が必要となる場合 上記のほか、都条例をはじめ、各地方公共団体の定める条例により土壌汚染調査や対策が要求されることがあります。

1
) 有害物質使用特定施設とは,水質汚濁防止法第2条第2項の特定施設であって,特定有害物質をその施設において,製造し,使用し,または処理するもの。 東京都の環境確保条例において、調査義務が発生するのは、以下の2つの場合があります。

土壌汚染対策法の概要|東京都環境局

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律• 1.策定経緯・位置付け 環境省では、土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)に基づく実務を実施する際の参考となる手引きとして、「土壌汚染対策法に基づく調査及び措置に関するガイドライン(改訂第2版)」、「汚染土壌の運搬に関するガイドライン(改訂第3版)」、「汚染土壌の処理業に関するガイドライン(改訂第3版)」及び「土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の情報開示・業務品質管理に関するガイドライン(新改訂版)」を作成・公表しているところです。

東京都環境局では、以下のように定義されています。 (2)土地に設定した抵当権の権利者 また、同様に土地所有者が債権者に対して債権担保のために所有地に抵当権を設定することがあります。

土壌汚染対策法

汚染された土壌は何を引き起こす?汚れた土壌からは、安全な野菜や果物、米などの食材は育ちません。 措置が完了しても、構造物が損壊しないように管理が必要。

2
第1編:土壌汚染対策法に基づく調査及び措置に関するガイドライン(改訂第3版)• 以下では、浄化の方法を2つご紹介します。

土壌汚染対策法について

土壌汚染対策に伴う「特定施設」という言葉は知っていますか? 特定施設は「有害物質使用特定施設」とも呼ばれていて、水質汚濁防止法に基づいて、施設を設置する際は自治体に届出なければなりません。 01 施行• これに対し、抵当権者が抵当権を実行して自己競落して土地の所有者となった場合は調査・報告義務を負うことになると考えられます。

15
)に係る工場又は事業場の敷地であった土地の所有者、管理者又は占有者(以下「所有者等」という。 形質変更部分の深さが50cm以上であることのいずれにもあたらない「軽易な行為その他の行為」 また、土地の形質変更の内容が盛り土のみである場合にも届出は不要とされています(環境省「 」第3. 土地に設定した担保権の権利者 (1)土地に設定した譲渡担保の権利者 土地所有者が債権者に対して債権担保のために所有地に譲渡担保権を設定することがあります。

実務者のための土壌汚染対策法基礎 その7 土壌汚染状況調査の流れ

汚染土壌処理施設の種類に「自然由来等土壌利用施設」を追加して、許可や処理の基準等を規定したことから、許可申請書における記載内容、処理の方法に係る解説や留意事項等を記載しました。

10
土地の形質変更の原則禁止(法第9条) 形質変更時要届出区域 (法第11条)• 有害物質の摂取経路がなく、健康被害が生じるおそれがないため、汚染の除去等の措置が不要な区域(摂取経路の遮断が行われた区域を含む。

土壌汚染対策法の概要

土地の所有者が死亡して相続がなされた場合にも相続人間で土地を共有する状態となる場合があることから、各相続人が単独で土壌汚染調査・報告の実施義務を負う可能性があります。 井上治「不動産再開発の法務 -都市再開発・マンション建替え・工場跡地開発の紛争予防〔第2版〕」(商事法務、2019)33頁以下• 土壌汚染問題とは? 土壌汚染とは、どのような状態を言うのでしょうか。 土壌は、地中にいる生き物が生活する場であり、土壌に含まれる水分や養分が、私たちの口にする農作物を育てます。

12
の調査で決定した単位区画ごとに試料採取を行い、調査対象物質が含まれるかどうかを調べます。

土壌汚染対策法の概要

環境省 水・大気環境局 土壌環境課「 」• ここでいう有害物質取扱事業者とは、「条例に規定する工場又は指定作業場を設置している者で、有害物質を取扱い、又は過去に取り扱ったことがある者」を定義されており、同条例施行後(平成13年10月1日以降)に有害物質を取り扱っていなくても、過去に取り扱ったことがあれば、有害物質取扱事業者に該当することになると解されています。 ただし、環境省令で定めるところにより、当該土地について予定されている利用の方法からみて土壌の特定有害物質による汚染により人の健康に係る被害が生ずるおそれがない旨の都道府県知事の確認を受けたときは、この限りでない。

3
土壌汚染対策法に基づく告示• この制度により、汚染土壌の適切な管理や汚染に関する情報の明確化、調査・措置の正当性の証明等が図られ、土地利用がよりスムーズになることが期待されています。