プライベート 5g。 ソフトバンクが「プライベート5G」を2022年に提供へ

「ローカル5G」「ネットワークスライシング」とは? 2大プライベート5Gの違い:「プライベート5G」の基礎【前編】

学校などの教育機関でICT教育を行う場合などもよいかもしれませんね。 Private 5G Network in Oil and Mining Case Studies Private 5G Network-Financial Services• もっともプライベート5Gの提供はあくまでSA運用が始まる2022年以降であり、それまでのNSA環境下でどうビジネス開拓を進めるかは課題となる。 そうした後者のようなネットワークを構築する上では、プライベートとパブリック、双方のネットワークを持つソフトバンクの優位性が生きるというわけだ。

4
SA方式はNSA方式よりも標準化された時期が遅かったこともあり、まだインフラベンダーも検証段階です。

ローカル5G/プライベートLTE(sXGP)について思うこと

Market Drivers• 周波数ライセンスの取得には多数の技術ドキュメント等の申請資料が必要でかなり大変であると共に、ライセンスを購入しなければならない国においてはライセンス取得に多額の費用が必要となります。 9GHzに対応した製品もありますが、そのままでsXGPで使用できるかは、 キャリア?メーカ? 要確認と思います。 上記の事情から、キャリアにとって、自社設備をローカル5Gに積極的に提供するメリットは感じられないかもしれません 推測。

8
Forecast Assumption• だが将来は5G向けに設計された設備を使い、低遅延や多接続といった5Gの特性を発揮しやすくする考えだ。 Growth Opportunity 3-Smart Manufacturing• 参照:GSMA資料 ソフトバンクがSA方式にこだわる理由は、 「プライベート5G」ではSA方式が必要であるからです。

ローカル5Gとプライベート5Gの違いとは?

Key Requirements-5G NR• 一方、プライベート5Gを利用すれば、免許取得や保守運用の手間を自社で負担せずに、自社の個別要件に応じたネットワークで、「高速大容量」「低遅延」「多接続」という特長を持つ5Gを使って、スマート工場やスマート農場に代表される高度なICT環境を構築することができます。 梅村氏は「もともとパブリックのネットワークを持っているので、そちらとの親和性がうまくできる」ことがメリットの1つになると話している。

14
今まで工場の中の生産ラインは全て有線で結ばれており、生産体制を増強したり縮小したりというレイアウトの変更は非常に困難な状況です。 また、ソフトバンクからの提供であるため、キャリアの運用が止まったり、何か不具合が起きた際は、プライベート5Gにも影響する可能性があるかもしれません。

「プライベート5G」「ローカル5G」とは? “自社専用5G”をかなえる方法:プライベートネットワークとしての「5G」【前編】

出典:総務省資料 現状sXGPでは5MHzの利用にとどまっていましたが、この周波数配置変更により最大40MHz幅の利用が可能となります。

1
Private 5G Network-Oil and Mining Use Cases• それに加えて維持費がかかります。 市場成長要因• そのプライベート5Gを含めた同社の5Gビジネス戦略について、法人事業統括 法人プロダクト&事業戦略本部 デジタルオートメーション事業第2統括部 統括部長の梅村淳史氏に話を聞いた。

プライベート5Gの提供を2022年からー【ソフトバンク】

顧客企業の要望に応じ工場などで5G環境を構築する。

16
信頼度• GSMAが発表した2020年3月のレポートによると、 21か国38のオペレータがLAAに投資をしており、そのうち6か国で9つのオペレータが既に商用サービスを行っています。

ローカル5Gとプライベート5Gの違いとは?

ローカル5Gでは、基地局の設置からコアネットワークの設置、管理までを全て契約者側が実施します。 プライベートLTE sXGP の場合 一方、ローカル5G以外で、自営の携帯網を構築する方法に、 プライベートLTEがあります。 職人の方々の不足を補うためには、1人1人が複数の作業を遂行できるよう推進していく必要があるのではないでしょうか。

1
特にプライベート5Gではセキュリティを担保するため外部に情報が出ないよう閉じたネットワークを利用するニーズもあることから、ネットワークスライシングによって企業ごとのコアネットワークを提供できることが大きなポイントとなったようだ。

プライベートLTEソリューション

重要な要件を促進する要因• ではその間、ソフトバンクでは5Gのビジネス活用をどのような形で進めようとしているのだろうか。 Our Blue Ocean Strategy. ローカル5Gは、例えば企業が工場の敷地内に専用ネットワークを整備して、ロボットによる自動運転や遠隔制御を行う「スマート工場」に最適だと考えられています。

18
アプリケーション• 5Gによるプライベートネットワークは「あらゆる問題を解決できるわけではない」とワン氏は注意を促す。 すでにサービスリリースをして、現場でご活用いただいています。

顧客は免許不要、ソフトバンクが提供を目指す「プライベート5G」とは?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

9GHz帯のsXGPはBand39を利用しているにもかかわらず免許不要で利用できるという非常に大きなメリットがあります。 そのほかに、通信事業者であるソフトバンクに保守運用を任せられるのはもちろん、自社に適したカスタマイズについて相談できるのも、安心材料のひとつと言えるでしょう。 また、通信の遅延を4Gの約10分の1に抑えられるため、農機の自動運転やロボットの遠隔操作など、ほぼリアルタイムでの通信が必要とされる場面での活用が期待されています。

2
ローカル5Gに関しては、5Gの特徴を活かしたユースケースが期待されていますが、5G自体が世界でもサービスが開始されて間もない技術であり、この5Gの技術を利用した基地局や端末の普及にはもう少し時間がかりそうです。

プライベート5Gとは?ローカル5Gとの違いと特徴について

藤長 「製造業のパートナーさまとの取り組み事例を説明いたします。 そのような状況下で、ソフトバンクはプライベート5Gが、ローカル5Gに対してどのような優位性があると考えているのだろうか。

ここでは、それぞれの特長を確認することで、違いを理解しておきましょう。