B 型 肝炎 訴訟。 かなり時間がかかる?B型肝炎給付金の手続き期間

【B型肝炎訴訟】 母も私も兄もB型肝炎ですが、三次感染者として給付金はもらえるでしょうか(岩手県Iさん)

B型肝炎訴訟の和解でお困りの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。 最低でも50万円、最高では3,600万円の給付金の受け取りができますから、該当する人はB型肝炎訴訟を活用して給付金をもらいましょう。 B型肝炎訴訟については、詳しい説明だけではなく、解決事例が紹介されている事もあります。

16
一次感染者である親から、B型肝炎ウイルスがうつった方(二次感染者)• なお、「一次感染者」とは、集団予防接種によって直接B型肝炎に感染した方のことを指し、「二次感染者」とはこのような一次感染者の母親から母子感染した方のことを指します。 発症20年経過して今も治療中の慢性B型肝炎 20,000円• 提訴から既に1年と11ヶ月、ただし証拠書類が出されたのは29年の1月。

B型肝炎訴訟和解率はどのくらい?給付金が実際に支給されるまでの期間も解説

二次感染者・三次感染者の一部のケース 和解できないケースの2つ目は二次感染者・三次感染者の一部のケースに見られます。 膨大な量のカルテの中から必要な記載を探さなければならないこともあれば、1つのカルテを見てその記載からまた別のカルテを収集して、といった具合で芋づる式に必要な資料が増えていくこともあります。 この証明は簡単ではないので、給付金が支給されるケースが多いのです。

B型肝炎給付金請求手続きに関する記事• (3)請求書を社会保険診療報酬支払基金に提出 和解しただけではB型肝炎の給付金を受け取ることができません。 そうなれば、給付金対象と推計されている45万人のうち大半の人は請求しないままで期限を迎えてしまいそうな状況です。

B型肝炎訴訟和解率はどのくらい?給付金が実際に支給されるまでの期間も解説

(1)B型肝炎とは? そもそもB型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって引き起こされる肝臓の病気です。 今月後半に裁判期日があり、また原告団の一人として参加し、その再に他の原告の方々と相談予定です。

9
脳外科手術をする場合、必ずHBs抗原の検査をしますので、その病院にあたってみて下さい。 高額な治療費が家計を圧迫しては困りますので、まずは自身がどのような感染経路でB型肝炎ウイルスに感染したか知る必要があります。

B型肝炎訴訟が行われている理由と経緯を紹介

和解の仕組みや訴訟のために必要な証拠書類などは、「 をご覧ください。 慢性B型肝炎 59,000円• (1)証拠書類の収集 B型肝炎給付金の対象者であるということを訴訟で主張するための証拠となる書類を集める段階です。

19
給付金を手にすることができました。 また集団予防接種で感染した人から母子感染した人なども対象になっています。

B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士事務所での精算期間は事務所によって異なりますが、通常は1ヶ月足らずで終わるでしょう。 ですから、はごくふつうに暮らしている人々には関係のない話ではないのです。

9
日本で問題になったのは、昭和23年から63年まで行われていた集団予防接種で注射器が使い回しされていたことです。 なので、ご家族や周囲の方々の苦労を癒すことでご自身も癒されるのではないでしょうか? 弁護士の受任違反の件ですが、東京でもいろいろなケースがある様です。

B型肝炎訴訟が行われている理由と経緯を紹介

国に責任がある事案に関しては、自己で検査や治療費を捻出する必要はありません。

一昔前までは着手金は払うことが一般的だと考えられていましたが、現在では多くの事務所が無料としています。