ジオクチル ソ ジウム スルホ サクシ ネート。 成分一覧

WO2004024138A1

150000008065 acid anhydrides Chemical class 0. 特に界面活性組成物に使用するための、有用な真珠光沢ワックスは、例えば以下である:アルキレングリコールエステル、特にジステアリン酸エチレングリコール;脂肪酸アルカノールアミド、特にココヤシ脂肪酸ジエタノールアミド;部分グリセリド、特にステアリン酸モノグリセリド;多塩基の任意にヒドロキシ置換されたカルボン酸とC 6〜22脂肪アルコールとのエステル、特に酒石酸の長鎖エステル;脂肪物質、例えば、少なくとも24個の炭素原子の総量を有する、脂肪アルコール、脂肪ケトン、脂肪アルデヒド、脂肪エーテルおよび脂肪カーボネート、特にラウロンおよびジステアリルエーテル;脂肪酸、例えば、ステアリン酸、ヒドロキシステアリン酸またはベヘン酸;C 12〜22脂肪アルコールおよび/または2〜10個のヒドロキシル基を含有するC 2〜15ポリオールによるC 12〜22オレフィンエポキシドの開環生成物、並びにそれらの混合物。

17
市販でも調整することは可能ですが、 あくまで医薬品となります。 」と改める訂正(以下,この訂正を「訂正a」という。

医療用医薬品 : ジオクチルソジウムスルホサクシネート (ジオクチルソジウムスルホサクシネート耳科用液5%「CEO」)

【0015】 成分A)として存在するHPPDインヒビターは、例えば、WO 1996/26206、WO 00/21924、WO 01/74785から、「The Pesticide Manual」第13版(2003),The British Crop Protection Councilから、および http://www.hclrss.demon.co.ukから公知であり、そしてある場合において、すでに市販されている。 000 description 2• 2003-09-10 JP JP2004535937A active Pending• 2 訴訟費用は被告の負担とする。

7
例えば、トランスジェニック植物は、増加したデンプン含有量または改変されたデンプンの質を特徴とするもの、または収穫物における脂肪酸組成が異なるものが知られている。

KEGG DRUG: ジオクチルソジウムスルホサクシネート

水溶性高分子の配合量は、 ジォクチルソジゥムスルホサクシネート 1質量部に対 し 0. 【0116】 本発明の好ましい態様では、この混合物は、式(I)および(II)で示されるアルキルスルホスクシネートモノエステルの総量に基づいて少なくとも60重量%、好ましくは少なくとも70重量%、特に少なくとも80重量%のC 16およびC 18アルキルスルホスクシネートモノエステルを含んでなる。 本発明の1つの態様では、混合物は、式(I)で示されるアルキルスルホスクシネートおよび式(II)で示されるアルキルスルホスクシネートを、3:1の重量比で含んでなる。

4
健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 【0030】 従って、本発明は、1つの態様として、一般式(II): 【化7】 [式中、Rは直鎖または分枝、飽和または不飽和のC 6〜22アルキル基であり、XおよびYは各々独立に水素原子、または水溶性塩を形成でき、かつアルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウムおよび有機アンモニウムからなる群から選択されるカチオンである。

成分一覧

「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 1 ヨウ素酸カリウムは何らの殺菌力を有するものではなく,殺菌成分には該 当しないことは,取消事由2で詳述したとおりであるから,ヨウ素酸カリウムを 「他の殺菌成分」であるとの認定に基づく上記判断もまた誤りである。 ジォクチルソジゥムスルホサクシネ一トを水、 エタノールなどの溶媒に溶解し て溶液とする。

7
エ むすび 以上のとおりであるから,原告の主張する理由及び提出した証拠方法に よっては,本件特許を無効にすることはできない。 【0090】 本発明の液剤は、例えば、撹拌機、振とう機、ミルまたは(スタティック)ミキサーを用いて、種々の成分を混合することによる、すでに公知の慣用的な方法によって製造することができる。

耳垢水(ていねい水)の作り方・使い方

」と認定した上で,「本件訂正発明 は,殺菌剤の有効成分としてポビドンヨードのみを含有し,かつ,アニオン系界面 活性剤としてポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム,すなわち炭素 原子数12のラウリル基を有する物質を含有するものであるのに対して,刊行物1 に記載のものは,殺菌剤の有効成分としてポビドンヨードに加えてヨウ素酸カリウ ムを含有し,かつ,アニオン系界面活性剤として含有するポリオキシエチレンアル キルエーテル硫酸塩におけるアルキル基の炭素原子数に関する記載がない点におい て相違する。 イ 第三者機関である財団法人食品薬品安全センター秦野研究所の「ヨウ素 酸カリウムの殺菌効果試験」(甲9),「ヨウ化カリウムの殺菌効果試験」(甲1 0),「ヨウ化カリウム・ヨウ素酸カリウムの殺菌効果試験」(甲11)の各試験 結果によれば,ヨウ素酸カリウムが何ら殺菌力を有しないことは極めて明白であ る。 これは、Cognis GmbH(デュッセルドルフ在)からEumulgin(登録商標) Prismaの商品名で入手可能である。

20
以下同じ。

WO2004024138A1

その典型例は、被覆された二酸化チタン、例えば、T 805二酸化チタン(Degussa)またはEusolex(登録商標) T、Eusolex(登録商標) T-2000、Eusolex(登録商標) T-Aqua、Eusolex(登録商標) AVO、Eusolex(登録商標) T-ECO、Eusolex(登録商標) T-OLEOおよびEusolex(登録商標) T-S(Merck)である。 【0097】 本発明の除草組成物を発生後に植物の緑色部分に対して施用する場合は、同様に生育は処理後極めて短期間で劇的に停止し、そして雑草は施用時の生育段階のままであるか、または、ある時間の後に完全に枯死し、このようにして、農作物植物に対して有害な雑草による競合は極めて早期に、そして持続的に排除される。 ]で示される化合物を指称する。

18
化粧品には、石鹸、クリームなどに応用されています。 000 claims description 4• ジオクチルソジウムスルホサクシネート耳科用液の使い方はこちらに記載しています。

INCI原料さしすせそ

【0181】 適当なワックスは、付加的には真珠光沢ワックスである。 000 description 1• しかしながら、それらは、例えば、無水マレイン酸と適当な脂肪アルコール混合物とを反応させることによって得ることもできる。

1
適当な脂肪アルコール混合物の例は、C 16/C 18脂肪アルコール混合物であり、これは、Cognis GmbHからLanette(登録商標) O(技術的名称:セテアリルアルコール)の商品名で入手可能である。 239000010410 layers Substances 0. 239000001913 cellulose Substances 0. 二次成分は例えば、エステル化反応からの未転化反応体(例えば脂肪アルコールまたは無水マレイン酸)、または製造中に生じる副生物(例えばジエステル)である。

耳垢水(ていねい水)の作り方・使い方

注意 【使用にあたり】 綿棒などで外耳に塗布するか、数滴を点耳します。 しかし,本件訂正発明は,従来のポビドンヨード製剤の殺菌力増強が, 遊離ヨウ素の濃度を高める方法でなされていることに鑑み,遊離ヨウ素の濃度を増 加させないでポビドンヨードの殺菌効果を高めるものとして成立しているのであっ て,両者の殺菌効果が同等である,との原告が主張する事実こそ,本件訂正発明の 優れた効果を示すものである。 しかしながら、単独の酸化剤として大気中酸素を用いた酸化が好ましいこともある。

4
nitroglycerine, selenocyanates of carboxylic acids• ] で示されるアルキルスルホスクシネートモノエステルの混合物であって、式(I)および(II)で示されるアルキルスルホスクシネートモノエステルの総量に基づいて、 ・30〜70重量%のC 16アルキルスルホスクシネートモノエステルおよび ・30〜70重量%のC 18アルキルスルホスクシネートモノエステル を含んでなることを特徴とする混合物を、組成物に基づいて0.1〜50重量%、好ましくは0.5〜10重量%、並びに 少なくとも1種のセルフタンニング剤 を含んでなる化粧組成物および/または医薬組成物を提供する。