鶴瓶 増量。 【悲報】鶴瓶の麦茶、増量に増量を重ねて貯水タンクみたいになってしまう…

鶴瓶は増量の神!?伊藤園「健康ミネラル麦茶」がバカ売れする理由(松崎 のり子)

気になる点と言えば、一部ユーザーから「大きくてペットボトルホルダーに入らない」との嘆きがあるくらいだ。 さらにもうひとつ、値上げ手法には悩ましいところがある。

4
Jタウンネットは2019年8月16日、伊藤園の広報担当者を取材した。

「健康ミネラルむぎ茶」が増量を続ける理由 ニーズに合わせ容量変化

現在のラインアップ(伊藤園公式サイトより) なぜ増量を続けているのか。 現在販売している600ミリリットル台は3パターン。

19
6%という結果が出ている。 「価格は据え置きなのに、いつの間にか内容量が減っている商品を見かけたことがあると思いますが、これはシュリンクフレーションと呼ばれ、令和に入ってからもカルビー『かっぱえびせん』が90gから85gに、ブルボン『ルマンド』が13本から12本に内容量を減量するなど、ここ数年よく見られる、価格が変わらないままで内容量が減る現象です。

“内容量ダウン商品”続出の中で笑福亭鶴瓶がなぜか「神」扱いのワケ (2019年10月25日)

今後のさらなる増量の可能性を聞いてみると、 「現在も1、2リットルのペットボトルはございますが、パーソナルサイズではございません。 SNS社会の今はすぐに情報が飛び交い、厳しくジャッジされる時代なのだ。

ドリンクホルダーに入らないという声はすでに出ていることもあり、大きければ良いというわけでもないようだ。 近年夏場の気温が上昇し、水分補給の重要性が認知されてきています。

鶴瓶は増量の神!?伊藤園「健康ミネラル麦茶」がバカ売れする理由(松崎 のり子)

どの商品も、内容量が少なくなっているものばかりなのだ。 ペットボトルの茶系飲料だ。

10
なぜこんなに増量してくれるのか。 「鶴瓶の麦茶」こと健康ミネラルむぎ茶の増量の謎は深まるばかりだ。

【悲報】鶴瓶の麦茶、増量に増量を重ねて貯水タンクみたいになってしまう…

これにネット上では、《鶴瓶はもはや現代の恵比寿様》《サンキュー鶴瓶、いや増量神》と崇める声も多いのです」(経済ジャーナリスト) 偶然か、起用する側の意図があるのか定かではないが、何だかあの顔がありがたく見えてくる。 この商品がどんどん増量していく現象に対し、ツイッターでは、 「よく見るとギリギリまで入っていて執念を感じる」 「来年くらいには700mlになってそう」 「増幅亭鶴瓶って言われてんの笑う」 といった声が寄せられている。

LINK: サンキュー伊藤園、サンキューつるべ.。

実はミネラル麦茶だけじゃない!笑福亭鶴瓶が増量の神様すぎると話題に

近年では1本を何時間もかけて飲む『ちびだら飲み』をされるお客様も増加しており、そのニーズにあわせるためです」 今後の増量は「限界があります」 伊藤園の担当者は増量がになっていることに対し、 「正直なところ驚いております。 今、ネット上で同じ商品の過去と現在を比較する動画が話題となっている。

16
カルビーは7月22日発売分より、 「かっぱえびせん」は90gから85gに、 「サッポロポテト」は85gから80gに、 「さやえんどう」は70gから67gにと、内容量を4. このような理由からも皆さまにご支持を得ているのではないかと思います」 と話している。

“内容量ダウン商品”続出の中で笑福亭鶴瓶がなぜか「神」扱いのワケ (2019年10月25日)

その後、15年に650ミリリットル、16年に670ミリリットルを発売し、現在に至るという。 すっきりと飲みやすく、無糖なので食事のお伴にもいい。

5
購入者のニーズにあわせて容量を変化 担当者によれば、伊藤園は1996年に「お~いお茶 むぎ茶」として500ミリリットルサイズを発売。