映画 心 の 旅路。 映画『心の旅路』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

心の旅路のあらすじ/作品解説

59件のビュー• 自分が本当の妻であることを言えないまま、記憶の回復を待つ彼女はそれを承知する。 そしてそこにポーラが立っていた。 スミシーは富豪の息子であるチャールズ・レイニアとしての生活に戻るが、ポーラは名前を変えてチャールズ(スミシー)の秘書となる。

9
第二に、俳優陣、特にグリア・ガースンの演技とその美貌がこの映画を輝かせている。 その日、患者に告訴された大病院の失態を救った有能な弁護士へンリー(ハリソン・フォード)は、煙草を買いにストアに入ったところ、たまたま遭遇した強盗に狙撃され、重傷を負い、記憶喪失になってしまう。

心の旅路

ただ、いくら姪のキティが早熟でも不釣り合い過ぎますね。 つまり、彼は記憶が戻ると共に入れ違いにフランス戦線から帰国して以来の3年間の記憶を全て忘れてしまったのである。 しかしスミシーは交通事故のショックで記憶が戻るとともに、ポーラとの記憶をすべて失ってしまう。

16
の海に面した小さな町を舞台に、季節外れの古ぼけた小さな観光ホテル「ボーリガード」に滞在している人々を描いた。

心の旅路 : 作品情報

「心の旅路」の解説 「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。 しかし、スミスとポーラの愛の家の鍵をレイナーが常時持っているのでポーラは希望をつなぐ。

ポーラはチャールズの記憶を呼び起こそうと試みましたが、チャールズの記憶は戻る気配はなく、それどころかキティと結婚する意志を伝えてきました。

映画「心の旅路」を見た感想

こうした空気のような透明感が全体を自然に流れ、先に述べた不自然さや軋みはない。

この時代の映画は、特撮技術はありませんから、役者さんの演技力で映画の魅力が決定されてしまうのですね。

心の旅路のレビュー・感想・評価

更に、終末で夫となるロナルド・コールマンの憂いを帯びた面持ちと渋い演技はグリア・ガースンと息が合っている。 31件のビュー• 主演男優は ロナルド・コールマン。

ファウラー氏: () - 過去の思い出だけに生きている男。 アン・シャンクランド: - 派手な宿泊客。

心の旅路 : 作品情報

2013年9月28日閲覧。 スミスは幸い軽傷で済んだものの、記憶は戦争時の3年前に戻ってしまっていました。 (製作、2016年)• 42件のビュー• 助演は新人フィリップ・ドーン及びスーザン・トラヴァース、レジナルド・オーウェン、ライス・オコナーその他で、ピータースを除けば全部英国俳優のキャストである。

18
」と優しく呼びかける。 しかし、公開から数十年後には高く評価する批評家も現れている。