アステカ 祭壇。 アステカ祭壇

頭蓋骨を並べたアステカの祭壇「フエイ・ツォンパントリ」が発掘される(メキシコ)

この性格は終末古典期以降のメソアメリカの諸国家に特徴的であり、アステカはテオティワカン衰退後の終末古典期から後古典期の中でとりわけ強大な国家であった。

その友達が北海道への団体旅行へ行った時のことです。 辿り着けると思います。

実は嘘?!アンビリバボー心霊写真「アステカの祭壇」の真相

テノチティトランの中心部では毎日市場が開かれたという。 生贄になることが最大の名誉だったので、自ら志願した人もいたそうです。

6
この頭蓋骨タワーが初めて発見された2017年、メキシコの人類学者たちはこの事実にショックを受けた。 こうしてアステカはテスココと共闘してアスカポツァルコを倒し、湖の西岸にあるを加えて ()を結成した。

撮られた場所も年代もバラバラの写真に写り込む赤い影「アステカの祭壇」 : カラパイア

アステカの祭壇は危険すぎると「アンビリバボー」に霊能者から苦情が殺到 「奇跡体験!!アンビリバボー」の心霊写真コーナーで、「アステカの祭壇」の写真が紹介された放送の翌週、「アンビリバボー」では、再びこの写真について取り上げ、この放送後、フジテレビに全国の霊能者から「なんという危険なものを放送するのか」、「祟りがあるので2度と放送してはいけない」といった苦情の電話が殺到している事などが紹介されました。

9
頭蓋骨の祭壇は「ツォンパントリ(Tzompantli)」と呼ばれ、アステカ以前の文明でも作られていたという。

魂の祭壇:アステカ

そこで注目したいのが、次にご紹介するもう一つの説です。

8
ただし、検索してはいけないと言われると逆に検索したくなる人が多いのも事実です。 タウンゼント, リチャード『〈図説〉アステカ文明』監修、武井摩利訳、創元社、2004年8月。

実は嘘?!アンビリバボー心霊写真「アステカの祭壇」の真相

当時の人々が自分たちをアステカと称したことはありません。

16
また、起きなくとも起きない為に行われた。

撮られた場所も年代もバラバラの写真に写り込む赤い影「アステカの祭壇」 : カラパイア

まとめ 今回は、ネット上で人気のオカルトネタのひとつ「アステカの祭壇」についてまとめてみました。

9
アンビリバボー』は1997年の放送開始から今も続く人気番組です。