欧州 サッカー ニュース。 【欧州サッカー】セルヒオ・ラモスがレアル残留濃厚 スペインメディア「間もなく発表」 (2021年2月28日)

「レアルにとってバッドニュース」。バルサ戦ハットでムバッペ獲得は困難とスペイン紙指摘【欧州CL】

2022年までPSGとの契約を残しているが、今夏の移籍も噂されていた。

13
欧州サッカーは主要5大リーグ(英、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)の冬の移籍市場が1日に終了。

【欧州サッカー】元マンU・MFモリソンが〝盗品スパイク売却〟を告白「私は若かった」(東スポWeb)

。 スペイン紙アス(電子版)では5大リーグの移籍金総額が2億5945万ユーロ(約328億円)だったと報道。

3
ムバッペのマドリー移籍はさらに困難になったと言えるだろう。 世界に名をはせたビッグクラブであっても経済的ダメージが大きかったことを感じさせる移籍市場となった。

冬の欧州移籍市場 5大リーグ“総額”は昨年から約600億円ダウン 移籍金最高額はウェストハムMF― スポニチ Sponichi Annex サッカー

さらに、PSGはリオネル・メッシ獲得が噂されているが、33歳のメッシよりも22歳のムバッペを残留させる方が現実味があると指摘している。 去就が注目されているスペイン1部の主将を務めるDFセルヒオ・ラモス(34)が残留濃厚となった。

17
それでもリーグ別では英1部プレミアリーグが8446万ユーロ(約106億円7000万円)でトップ。 また、スペイン1部は移籍金2045万ユーロ(約25億6000万円)しか使っておらず5大リーグで最も低い金額に。

【欧州サッカー】元マンU・MFモリソンが〝盗品スパイク売却〟を告白「私は若かった」(東スポWeb)

そうした中でスペインの移籍情報メディア「トードフィチャージェス」は「セルヒオ・ラモスはPSGとマンチェスターUからのオファーを聞いた後、白い巨人(Rマドリードの愛称)からの最新の提案を受け入れることになった。 2足のシューズを取り、500ポンド(約7万3500円)を手に入れて家に帰った」とし、他にもルーニー氏のシューズをお金に換えていたのだ。

こちらは出来高を含めると最大4100万ユーロ(約52億円)の大型契約に。

【欧州サッカー】セルヒオ・ラモスがレアル残留濃厚 スペインメディア「間もなく発表」 (2021年2月28日)

当時スター選手だったファーディナントらには契約メーカーからたくさんのシューズが提供されており、若い選手に贈ることもあったが、モリソンは、こっそりと持ち出していたようだ。 今季限りで契約が切れるラモスを巡っては残留交渉の一方で、イングランド・プレミアリーグのやフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)などが獲得に乗り出して争奪戦となっている。

5
元オランダ代表MF氏が21日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じると、黒人指揮官として障壁を感じていることを明かした。 同じプレミア勢からはマンチェスター・ユナイテッドがイタリア1部アタランタからFWアマド・ディアロ(18)を移籍金2100万ユーロ(約26億5500万円)で獲得。

「レアルにとってバッドニュース」。バルサ戦ハットでムバッペ獲得は困難とスペイン紙指摘【欧州CL】

「ユナイテッドでさえ彼の現在の給料を改善できないことを確認した後、屈するしかなかった」と愛着のあるクラブでの残留を決断したようだ。

11
その後は深センFC、デポルティーボ、カメルーン代表指揮官などを務めたが、黒人指揮官としてキャリアを築く上で、見えない障壁を感じているという。

「レアルにとってバッドニュース」。バルサ戦ハットでムバッペ獲得は困難とスペイン紙指摘【欧州CL】

2012年に10年間にわたって所属したミランを退団すると、ブラジルのボタフォゴで現役生活を続けたが、2014年1月に古巣が危機に見舞われると、自身の現役生活にピリオドを打つことを決断。

2
その後、欧州クラブを渡り歩き、1月にはオランダ1部デンハーグとの契約を解除した。

「黒人監督に公平なチャンスない」元ミランのセードルフ氏が欧州サッカーの人種差別を糾弾

その後、彼の願いは引退する前にMLS(米メジャーリーグサッカー)に行くことだ」と将来的に米国へ行くプランもある。

12
現在無職の元ミラン背番号10は、ヨーロッパサッカー界において、黒人指揮官に対する差別意識が根底にあると訴えた。 「私は12年間、イタリアでプレーした経験がある。