質 の 高い 教育 を みんな に。 SDGs 4「質の高い教育をみんなに」

SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」とは?日本企業の取り組み・現状・私たちにできること・ターゲットなど解説

つくる責任、つかう責任• もし周囲に困っている子どもがや家庭がいたら、勉強を教えてあげたり先生や周りの人に相談してみることも大切です。 参考 ・江東区立八名川小学校 江東区立八名川小学校では2010年から全校体制でESDを中心とした教育を進め、ESDを中心にSDGsを推進してきたことから第1回ジャパンSDGsアワード特別賞が授与されました。

15
これまでにSDGsを意識して生活を変化させていく中で私が気づいたこと。

SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」の取り組み内容とは?

1 i 読解力、 ii 算数について、最低限の習熟度に達している次の子供や若者の割合 性別ごと) a 2~3学年時、 b 小学校修了時、 c 中学校修了時 4. 質の高い教育をみんなに」達成を目指す取り組みですね。 ESDとは、Education for Sustainable Developmentの略で 持続可能な開発のための教育を指します。 子供たちが大学卒業時に現在、 存在していない職業に就く確率はなんと 65% と言われています。

5
両親が教育を受けていないことから、教育の必要性や重要性がわからず、教育を受けさせて子どもの未来に投資するという考え方が、親の中に無いこともあります。 最後に、「SDGs 4. 日本で暮らし、育ってきたわたしたちなら小学校から中学校までの義務教育を受け、基礎的なことは学んでいますよね。

SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」で解決するべき問題と現状とは│gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

学校に通えていない子どもは未だに存在 「SDGs 4. 安全な水とトイレを世界中に• c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。 たとえば、気候変動・化学物質による汚染・オゾン層の破壊など、 地球システムに影響を及ぼしています。 今の時代,学校の教室で学ぶだけでなく,インターネットにアクセスすることで,さまざまな世界や 知 ち 識 しきにふれることができます。

14
1 ICTスキルを有する若者や成人の割合(スキルのタイプ別) 4. 2015年までを期限としたSDGsの前身であるMDGs(ミレニアム開発目標)では、それ以前より就学率が改善し、全世界で学校に通えない子どもの人数は半減しました。

SDGsで目標に掲げられる「質の高い教育」とは?

しかしながら、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の調査によると、2017年のサハラ以南のアフリカの識字率は65%でした。

1
「質の高い教育をみんなに」達成の課題 SDGsの目標の1つ「教育」を達成するための主な課題には次のようなものがあります。

4. 質の高い教育をみんなに│SDGs Hiroshima

達成のために自分が実際に変えてみる習慣を宣言 に参加してくれたアカウントと宣言を紹介します。 なんと、快進撃とも言える今のペースで、これからアフリカ全土に広めていったとしても、全ての子どもたちに初等教育を届けるためにはあと 35年かかるそうです。

2
これは他国と比較しても低すぎる数値です。

SDGs目標4

識字率の低さも問題に たとえ教育を受けられる環境があったとしても、読み書きや計算などの基礎的な能力の欠如が問題になっています。 この目標では全ての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進するというターゲットを念頭に取り組まれています。 しかし、このような努力に反して、世界中で内紛が勃発し、 既存の学校インフラが破壊されることも珍しくはありません。

12
授業は仕事後の夕方から行われるため、電力供給が不安定なカンボジアでは勉強するための電灯が必要でした。

4. 質の高い教育をみんなに│SDGs Hiroshima

世界では、 7億5,000万人 の成人が読み書きができません。 子ども、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。 持続可能な開発のための教育(ESD) :国内外の教育機関への支援• 現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。

5
7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。

SDGs目標4. 質の高い教育をみんなに

具体的には、教育実践の中から主な取組の単元名や実施学年を「SDGs実践計画表」にまとめたり、「八名川まつり」に毎年参加して、子どもたちがSDGsに関する取り組みを通じて学習・実践したこと、考え・感じていることなどをまとめてプレゼンテーションを行うなど、学校全体でSDGsに取り組んでいます。 SDGsは17の目標、169のターゲット、232の指標から構成された国際目標で、2015年9月に開催された国連サミットで全会一致で採決されました。

5
国や行政の力ではなく、その土地に暮らす親や地域の人たちが協力し合い運営する仕組みが作られました。

SDGs|目標4 質の高い教育をみんなに|すべての課題解決の為に

具体的なアクションとしては、質の高い教育を世界中に行き渡らせようとしている NPO や NGO などの団体に寄付や募金をすることで教育支援に貢献できます。 例えば、人権問題、平和教育などに目を向けると戦後日本で盛んに行われてきてはいますが、その方法については多くの課題を抱えています。 3 2030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

18
すべての人が初等・中等教育を受ける機会が得られるようになると識字率が上がり、さらに職業訓練の平等な機会が提供されるとジェンダーや貧富などによる格差の解消につながります。 このプロジェクトは特にSDGsの複数の目標に着目し、目標7(エネルギーをみんなに そしてクリーンに)を通じて、目標3(すべての人に健康と福祉を)、目標4、目標5(ジェンダー平等を実現しよう)につなげ、さらに目標1(貧困をなくそう)の達成につなげる内容になっています。