プレミアム ハナハナ 設定 判別 ツール。 プレミアムハナハナ

プレミアムハナハナの設定6の据え置きで爆出ししてきた!

率直な感想としては、順調にグラフが推移していても一度のハマりがエグイです。

4
プレイヤー自身のみが、ハイビスカス点灯によるボーナス当選の瞬間を察知できる「シークレットランプ」を搭載している点が最大の特徴だ。 多彩な告知演出、ボーナス中の技術介入など、シリーズを語る上で欠かせない要素ももちろん健在だ。

スロット『プレミアムハナハナ

チェリー重複当選時のRB確率 チェリー重複は高設定ほどRBを引きやすいですが、そこまで信頼できる要素ではないのであまり気にしなくてもいいと思います。 BIGとREG、2種類のボーナスで出玉を獲得していく。 他のノーマルタイプはREGに設定差が 強い台が多いですが、ハナハナは違います。

REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい 最近のシリーズと同様にREG中の技術介入を成功させることにより、ランプ示唆はどうやら変わってないようですね。

スロット『プレミアムハナハナ

今作でもその傾向が継承されている可能性がある。

3
ボーナス告知割合• 設定変更時にはボーナス間ゲーム数がリセットされるのに対して、電源OFF・ON時にはゲーム数が引き継がれることから、 朝一1回目のボーナスで連チャン用BGMに変化すれば据え置き濃厚となりますね。

設定判別/立ち回りポイント:プレミアムハナハナ

また、マシマシボーナスはループ性能もあり、1セット終了後は約50%の割合で継続する。 ハナハナシリーズはほとんど 解析値が出ないため、実践値が参考になるかと。 (ノーマルサウンド:4曲、連チャン時サウンド:48曲、フリーズ時サウンド:2曲). (オッケー)] 2020年11月2日(月)導入開始• 設定5,6は中々投入されづらいので、Aタイプで飯を食うDeeとしては中間設定の設定4狙いがメインの立ち回りです。

10
フリーズ プレミアムハナハナは「ショータイムフリーズ」なるフリーズ演出を搭載しています。

ツインドラゴンハナハナ|設定判別ツール 設定差 龍玉ランプ リセット判別

しかし、歴戦のハナラーとしては 実はBIG確率も侮ってはいけない。 青や黄色でも 設定3以上が確定するので、機械割上はプラスの期待値。 プレミアム点滅演出• 実際の中身は3300枚くらいで終了しました。

20
とは言え、次回作は5号機よりもボーナス獲得枚数が少ない6号機になりますし、 中期的な視点で考えれば貴重な台になるかもしれません。

【プレミアムハナハナ

いずれにせよ高設定を打っていたことには違いないので 確信を得れてよかったです。 歴代シリーズと同じく、BIG中のスイカ確率には段階的な設定差が付けられています。 点灯すればボーナス濃厚となるハイビスカスランプは、専用アタッチメント搭載により一部分だけの点滅など、表現の幅が大幅にアップ。

差枚数は+4000超え。

プレミアムハナハナ 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 ランプ 設定変更(リセット)判別

10年後には「200回転までが連チャン」になっていたりして 笑 ビッグボーナス5連荘以上でBGM変化(プレミアムシークレット) ハナハナ鳳凰にも導入されていましたが、今回のツインドラゴンハナハナにも 「プレミアムシークレット」という曲が搭載されています。 双龍フリーズ演出• 純ハズレ 純ハズレとは、ビッグボーナス中に出現するハズレの事です。 REG中 全リール適当押しで良いが、左リール中段に白7をビタ押しするとスイカを揃える事ができ、その際のサイドランプが激しくフラッシュする色で設定を示唆している(詳細は『設定判別要素』にて)。

7
「史上最光のハイビスカス」のキャッチコピーに相応しくボーナス確率に特化したスペックとなっており、頻繁に訪れるハイビスカスの輝きを楽しめるぞ。 設定判別ツール 説得力を持たせるためにが運営している設定判別ツールに数値を入れて判別してもらいました! やはり、 6が50%越えでほぼほぼ6で間違いなさそうでした! まとめ いかがでしたでしょうか。

【プレミアムハナハナ

テンパイ時や小役成立時にサウンド変化• ブログ村やっています! 応援してくれる方は下の画像クリックお願いします!. (12時間稼働時です) 過去シリーズと比較すると分りますが、REGのボーナス確率が全設定で向上していて、REGによる設定判別がしづらくなる事が予測されます。 設定状況が良い このことから設定狙いにも向いています。

9
筐体 配当表 リール配列 打ち方 通常時 左リール枠内にチェリーを狙う(バー絵柄を目安にすると良い)。 3 設定6 と当たりやすく、また最近のAT機でありがちな「無抽選区間」は存在せず、通常時は毎ゲームボーナス抽選をおこなう。