花 より 男子 2 次 小説。 君は僕の太陽だ 【花より男子 二次小説 短編集 】 (4ページ)

君は僕の太陽だ 【花より男子 二次小説 短編集 】 (4ページ)

彼女の部屋で暮らし始めて数ヶ月後の事だった。

道明寺本人から、仕事の内容をきいたことはない。

花より男子★二次小説 夢 桜 庵

母さんと一緒の誕生日なんて、彼女も驚いてたし。

3
つくしは銀杏並木を歩きながら、小さく溜め息をついた。 「花沢類は、道明寺のお嬢さんのこと知ってる?」 「梓ちゃんの事?ああ、もちろん。

I MISS YOU花より男子2次小説

そう考えながら、外を見ようと視線を横に移すと、外はまだ暗く、車の窓ガラスに、総二郎自身の顔がはっきりと鏡のように、映っている。 けどね、私達とは、住む世界が違うの。 司の娘だし、小さい頃から知ってるけど?」 「それが、どうかした??」 「、、、うん。

13
珍しい名前ですよね?」 「母さん知ってる?道明寺グループって? 彼女のお父さんが社長なんだよ。

君は僕の太陽だ 【花より男子 二次小説 短編集 】 (4ページ)

大学を卒業した後は、中堅の商社に就職が決まり、営業事務として、働き始めた。

踏みしめる度、かさかさと乾いた音が鳴り、秋が濃くなってきたとこを伝えているようだった。

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

彼女は、玲人を見るなり、何しに来たの?と冷たい言葉を掛けた。 (全然進んでないけど・・・)お見苦しい点が多々あると思いますが、ご容赦下さいませ。 花びらを、髪に肩に頬に受けながら、あたしは、道明寺を想う。

13
ちょっと、冷やかしてやるか笑 司は、類達のあとから、カフェに入り、離れた席から様子を見ていた。 」 「あの、、、道明寺さん、 やっぱり梓さんとの結婚は、僕から破棄させて頂けませんか?勝手なお願いだとは、承知の上ですが。

I MISS YOU花より男子2次小説

10
類は、とりあえず一旦落ち着こうよ、と つくしの背中をさすりながら、店を出て行った。 あたしが作るんだから」 「は?お前が?」 ちらりとつくしを見る。

花より男子・二次小説・わがままな愛 ~つかつく~

」 「、、、後悔するなよ。 。 ただの仲間だ。

18
久しぶりに会ってってのにさっきから眉間にずっと皺が寄ってるぜ」 「げっ」 思わず額に手を当てるつくし。 。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

目の前には、小さいけれど桜の樹が植えられた公園があり、今、まさに満開の時を迎えていた。 ごめん。

3
」 「母さんも、会ってみたかったし、オッケーしてくれたら嬉しいわ。

花より男子・二次小説・わがままな愛 ~つかつく~

それより腹減ったんだけど、飯食いにいかねえか?」 「ちょっと、久しぶりに会ったっていうのにいきなり飯?相変わらずデリカシーないんだから」 呆れたように溜め息をつくつくし。 やっぱり小説執筆素人の私は、どうやら疲れてしまったり 落ち込んだりしたり・・・ココロに余裕が無い時には小説が 浮かばなくて・・・ それに追加してパソコンの調子が悪く ネットの最中でも接続が途切れることが頻発したり(一分くらいで切れることもしょっちゅう)下書きで書き始めた小説もパソコンが固まってしまったので一から書き直し・・・ なんてことも多々あって・・・ ぐたぐた言い訳ばかりしてしまいました・・ごめんなさい。

9
」 類に気付き、軽く会釈をした。 「梓の付き合ってる人って、あなたの事ですか??」 「えっ〜、ちょっと今までとだいぶタイプが違くない??」 「意外なんだけど〜」 勝手に話始める3人に、今、紹介するから黙って、と、なだめる梓。