踊る 子猫。 【音源紹介あり】小学校音楽科 鑑賞共通教材 まとめ

踊る仔猫_ルロイ・アンダーソン: フルートとクラシック音楽好きの人に

Freshman in Harvard Square• 例えば,「踊る子猫」を聴いた1年生は, ・私は広い草原の上を落ち葉に乗ってスイスイと飛び回る。 合奏・伴奏• - 遺族による公式サイト(2012年9月23日時点の)• この記事は、小学校音楽科の「 鑑賞共通教材」だった曲のまとめです。

20
The Pussy Foot Ballet Music 1962• これを機に『ジャズ・ピチカート』を作曲・発表し、聴衆の好感触を得た。

ルロイ・アンダーソン

地元のハイスクールで教育を受けた後、にに入学。 からまでハーバード大学での研究員となり、にはと諸語の研究によりを授与された。 Widener Reading Room• 踊る子猫の犬は、絶対本物だと思っていたので…今でも信じられません。

ドラム• Lullaby of the Drums 1970• Song of Jupiter 1951• その後、編曲だけでなく、作曲家としてボストン・ポップスのために数々の小品を作曲したのです。

ルロイ・アンダーソンの有名な曲 解説とYouTube動画

そのまま引き取って育てています。 nanakoraさん 初めまして! 私は 地域の区民オケで、ティンパニーとパーカッションを 担当しています。

18
関連ページ バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴. Old MacDonald Had a Farm• Home Stretch(「ホーム・ストレッチ」)• The Girl I Left Behind Me 1949• (2012年9月23日時点の) ルロイ( リロイ) ・アンダーソン(Leroy Anderson、 - )は、の。 ミニネタ「音楽鑑賞は題名を伏せて」 ミニネタシリーズ 13 音楽鑑賞は題名を伏せて 【全学年共通・音楽・鑑賞指導】 音楽鑑賞の指導では,「これから聴くのは,アンダーソンという人 が作った『踊る子猫』という曲です。

ルロイ・アンダーソン

ありがとうございました。

13
2台4手• もしかすると、若者に想いをよせる娘が、窓を開け、窓枠に肘をついてうっとりと聞き入っているかもしれない。

ワルツィング・キャット Waltzing Cat ルロイ・アンダーソン

Saraband 1948• 弦楽器を爪ではじくピチカート奏法が、まるで子猫がピョンピョンと駆け回る軽やかさを演出し、ヴァイオリンの弦を滑らせるように演奏するポルタメント portamento)奏法が子猫の愛らしい鳴き声を表現している。

また伴奏音楽とサンプル演奏をYouTubeに投稿しましたので、それらのURLを書いておきます。

ワルツィング・キャット Waltzing Cat ルロイ・アンダーソン

このあたりはお好みや奏法との相性で決めてください。

1
「ファドル」は、「ぶらぶら過ごす、ふざける、くだらないこと」等の意味があるようだ。 の際にもとして勤務した。

ルロイ・アンダーソンの有名な曲 解説とYouTube動画

Blue Tango(「」) - 1951年の作品。

4
その昔、交響曲の父・ハイドンは正確にリズムを刻むところから「時計」と名付けられた交響曲を作曲しましたが、さすがに20世紀中頃のアメリカはジャズの本場ですから、時計もまともには時を刻まないようですね。

ワルツィング・キャット Waltzing Cat ルロイ・アンダーソン

クリスマスの時期によく流れる曲。 Turn Ye To Me• ワルツの旋律の中、の鳴き声をイメージした演奏が続き、最後には犬に吠えられて猫が逃げ出す様子が描かれる。

19
Class Reunion• (「または「プリンク・プランク・プルンク」) - の作品。