フィオナ アップル。 フィオナ・アップル、タランティーノとポール・トーマス・アンダーソンと過ごした一夜でコカインをやめたと語る

【フィオナ・アップル】プロフィール(年齢・ドラマ)

Photo: GETTY ボブ・ディランは新作『ラフ&ロウディ・ウェイズ』にフィオナ・アップルとブレイク・ミルズが参加していることが明らかになっている。 1996年当時、弱冠17歳にして『タイダル』を世に送り出し、過去に発売されたアルバム全てがビルボードチャートのTOP10入りを果たしている稀代のシンガー・ソングライター フィオナ・アップル。 「生き様」をそのまま音に刻みつけるようなフィオナへの、アーティストとしての思いなどと共に聞いた。

2
「すべての中毒者はコカインをやっている状態でクエンティン・タランティーノとポール・トーマス・アンダーソンと共にプライベート・シアターに閉じ込められるべきね。

フィオナ・アップルおすすめの曲ランキングTOP10

そしてすべてを知りながら耐え忍ぶ心は、劇場のステージに立つ彼を舞台裏で待つことに例えられています。 「このアルト・ヴォイスを聴きなさい」かな。 日本盤CD SRCS-2180 ライナーノーツ• この記事には2つの目的がある。

3
関連リンク• 確か撮影スタジオで、クレーンを使って撮ったらしいのだけど、先日も友達のSalyuと「あのビデオいいよね!」なんて言ってました。 Chara:なるほどね。

フィオナ・アップル、8年振りのニュー・アルバム「Fetch The Bolt Cutters」をリリース

もうひとつは、フィオナ・アップルに対する日本語での批評を未来に手渡すこと。

2
Fetch The Bolt Cutters|フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ 04. 第7位. 60年代風のサイケデリック・ロックのサウンドが、混乱を演出するのにぴったりです。 自分がバターだとするなら、相手は熱したナイフだと言い、そして相手がバターだとすれば、自分も熱したナイフだと歌われています。

フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ/フィオナ・アップル

世界中で起こっている悲惨な出来事は、人の手でなくすことができる。 「軽やかに努力する」というかね、それを見て「私も頑張れそう」と思ってもらえたら嬉しいですね。

12
フィオナ・アップルが、グラミー賞にもノミネートされた前作『アイドラー・ホイール』から8年ぶり通算5作目のアルバム『Fetch The Bolt Cutters|フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ』を4月17日に配信リリースした。

フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ フィオナ・アップル CDアルバム

収録されている楽曲のうち、「Newspaper」ではフィオナの実の姉が、「Fetch The Bolt Cutters」では女優、モデルのカーラ・デルヴィーニュがコーラスを担当している。 日本盤CD SRCS-2180 帯• 辛口でお馴染みの米国メディアPitchforkで10年ぶりの10点満点を叩き出した、フィオナ・アップルの通算5枚目『フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ』。

そこで今回は、Charaに彼女の魅力を語ってもらった。

ブーイング続出で暗雲立ち込めるグラミー賞。「眩い光」を放ったのはザ・ウィークエンドではなく女性たち

当時ライブ行きました? 私は確か、行けてなかった気がする。 I Want You to Love Me|アイ・ウォント・ユー・トゥ・ラブ・ミー 02. シングル「クリミナル」は当時の米MTV史上最もオンエアされた楽曲となり、グラミー賞「Best Female Rock Vocal Performance」やMTV Video Music Awards「Best New Artist」を受賞した。 そのぶん一聴すると、初期に比べてとっつきにくいところもあるかも知れない。

9
Chara:あの曲はリーダーのコニたん(小西遼)が、「ゴスペルっぽい感じを出したい」って言ったの。

フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ フィオナ・アップル CDアルバム

ネヴァー・イズ・ア・プロミス - "Never Is a Promise live " - 6:12 参加ミュージシャン [ ]• 2012年の初頭から何年もかけてレコーディングされたという本作はインディーロックドラマーのAmy Wood、サウンドエンジニアであるJohn Would、バンドSoul CoughingからベーシストのSebastian Steinberg、シンガーソングライターでありギタリストのDavid Garzaが参加しており、LAにあるフィオナの自宅内を泥まみれのオイル缶や、海の藻屑など音を自由にならして歩きまわって作ったそうだ。 結構、最近のアーティストだね。

1997年のパフォーマンス映像。

ブーイング続出で暗雲立ち込めるグラミー賞。「眩い光」を放ったのはザ・ウィークエンドではなく女性たち

曲のキーワードとなっているハチミツの質感を音楽で表したような感じでしょうか。 表現力や倍音の豊かな歌とコーラスワークも、ここ最近とんと触れる機会が減っていたルーム感たっぷりなサウンドも、散りばめられられた犬の鳴き声やなんとなく鳴らしたような楽器の音も、茶目っ気たっぷりなアートワークも、「ボルトカッターを持ってきて」という作品名も、素晴らしい。 いったんは完成をあきらめようかとまで思い詰めたらしい。

18
<取材・文/林 泰人>. ミステイク - "A Mistake" - 4:58• 私も小さい頃からゴスペルは大好きだったからね。