四国 梅雨入り。 【2021年】四国地方の梅雨入り・梅雨明け時期を徹底予想!

高松地方気象台|四国地方の梅雨入り、梅雨明けの時期及び梅雨の時期(6月~7月)の降水量と平年比

5 118 1985 6月 7日ごろ 7月 7日ごろ 362. 梅雨明けは、7月24日~7月28日頃の見通しで、平年並か平年より遅れる見通しです。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、四国地方の最も早い梅雨入りは1976年と1991年の5月19日、最も遅い梅雨入りは、1967の6月21日でした。 68年間で梅雨期間が60日以上続いた年は、1991年の61日と合わせた2回きりであり、こちらもとても珍しいことがわかります。

。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、中国地方の最も早い梅雨入りは2011年の5月21日、最も遅い梅雨入りは、1968の6月24日でした。

四国地方 梅雨入り間近か!? 最新の1か月予報(2020年5月28日)|BIGLOBEニュース

69年間の四国地方の梅雨入り日の平年時期は6月5日頃。 5 137 1989 6月 8日ごろ 7月18日ごろ 248. また最も長い梅雨期間は1976年の64日でした。 【2020年梅雨】今年の梅雨入り、梅雨明け予想をしてみました それでは、各地域の梅雨の見通しについて見ていきましょう。

15
逆に5月20日ごろに四国地方が梅雨入りしたのは過去5回。 そして20~29日だったのは9回で14%、30~39日だったのは16回で24%、40~49日だったのは26回で39%、50~59日だったのは12回で18%となっており、四国地方では梅雨期間が40~49日だった年が最も多いことがわかります。

2021年 四国地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

晴れた日に美しい景色を楽しむための、2021年の四国地方の梅雨明け予想をお届けします。 5 100 1995 6月 8日ごろ 7月 8日ごろ 416. 梅雨明けは、南部では7月24日~7月28日頃、北部では7月28日~8月1日頃で平年並か平年より遅れる見通しです。 これらのデータから四国地方の梅雨期間を予想すると、2021年は35日~50日くらいとなるでしょう。

梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、7月22日~7月26日頃で平年より遅い見通しです。 0 107 1972 6月 3日ごろ 7月18日ごろ 243. 梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。

高松地方気象台|四国地方の梅雨入り、梅雨明けの時期及び梅雨の時期(6月~7月)の降水量と平年比

一方、最も遅い梅雨入りは、2019年の6月26日頃となっています。 なお、この先一週間も、四国は曇りや雨で、蒸し暑い日が続きそうです。 ・「-」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定できなかった場合を表します。

8
【2020年梅雨】平年の梅雨入り・梅雨明けはどうなっているの? 平年では梅雨前線が大陸方面から南西諸島~日本の南海上に顕在化して、5月上旬~中旬ごろに沖縄や奄美で梅雨入りします。

【四国の梅雨入り予想】2020年はいつ?平年との比較【気象予報士が解説】

この年は梅雨入りが平年よりも1か月ほど早く、とても梅雨期間の長い年となりました。 2020年は、この前後1週間以内に入ると考えて、 5月28日~6月11日の間に梅雨入りするのではないかと予想します。 北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。

10
「-」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定しなかった場合を表します。 とは言え、四国地方が8月に梅雨明けしたのは、過去68年間において後にも先にもこの一回のみ! 2021年も8月に梅雨明けすることは、確率的にまずないと言えるでしょう。

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く|愛媛新聞ONLINE

ということで、 高松気象台が発表する四国の梅雨入りはこちら。 梅雨入り、梅雨明けはいつ?になるのか沖縄・奄美、九州、四国・中国、近畿 関西 、東海、関東甲信、北陸、東北の地域ごとに傾向を解説したいと思います。 北海道では、「蝦夷梅雨」という言葉はありますが、梅雨前線が北海道付近まで北上する事はほとんどなく、梅雨の現象がはっきりしないため、北海道では梅雨がないとされています。

12
四国地方の梅雨明けの平年時期は7月18日頃となっているので、梅雨明け後に旅行に行かれる際はお子さんが夏休みに入る7月25日あたりから計画するとよいかもしれませんね。 夏休みの初めは天気がぐずつくと思われるので、お出掛けの際には折りたたみ傘をお持ちくださいね~。

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く|愛媛新聞ONLINE

梅雨期間中の雨ですが、梅雨前線の北上が遅れる傾向のため、6月は沖縄や奄美で多くなり、7月は本州で多くなるでしょう。 四国地方の2021年の梅雨期間の傾向は? 台風等の直撃も比較的少なくオリーブの栽培が盛んな瀬戸内海側に比べ、大型台風の来襲や集中豪雨も多いと言われている太平洋側。 (確定値はを参照) 令和2年の梅雨入りと梅雨明けにつきましては、実際の天候経過を考慮した検討が終了しました。

9
7上旬に梅雨明けした年は過去68年間で8回あり、全体の約11%となっていますので、すごく珍しいという訳ではなく、梅雨明けの早い年であれば、十分ありえると言えますね。 停滞前線(梅雨前線)が、南北に移動を繰り返しながらゆっくり北上します。

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く|愛媛新聞ONLINE

時折晴れ間がのぞく中、息子と散策していた松山市の男性会社員(50)は、「アジサイにとっては恵みの雨。 というワケで、2021年の四国地方の梅雨明けは例年よりも遅くなると可能性が高そうです。

15
旅行計画を立てるのにぴったりな、中国地方の2021年の梅雨入り予想をお届けします。 梅雨前線の活動が活発になり、大雨になる日もあるので注意してください。

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

0 107 2004 5月29日ごろ 7月13日ごろ 321. 令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 これらのデータから予想すると 2021年の四国地方の梅雨入り時期は 5月28日頃から6月12日頃の間くらいになりそうですね。 5 167 1983 6月12日ごろ 7月24日ごろ 181. ここで、2021年の四国地方の梅雨入りと梅雨明けについて改めて振り返ってみましょう。

5
中国地方の2021年の梅雨入り時期を予想! 日本最大級の砂丘が広がる鳥取県や、日本三大名園のひとつである後楽園・江戸時代~明治時代の町並みが残る倉敷が人気の岡山県など、有名な観光地が盛りだくさんの中国地方。