コロナ ウィルス 中国 責任。 新型コロナの発生源は? 真相究明求める声 世界で広がる

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

中国が新型コロナウイルス拡大抑止できていないことをアメリカのせいにしたり、27都市も封鎖している状況から察するに、 新型コロナウイルスは かなりヤバイのかも。

16
アメリカのドナルド・トランプ大統領もツイッターに「世界規模での大量 殺戮 さつりくを行ったのは他でもない『中国の無能さ』だ」などと投稿し、中国批判を繰り返している。 3種類の「雑音」が極めて時代錯誤的な「合唱」を生みだしていると非難した。

新型コロナ、「中国の責任追及を」 米大統領が国連演説―中国主席、政治化に反対:時事ドットコム

04 2020年9月1日からマイナポイントの利用が開始されました。 1月3日から新型コロナウイルスについて、アメリカに情報提供をしていたことが事実であれば、アメリカはだいぶ前から新型コロナウイルスの情報を知っていたということ。 当時に関しては「新型コロナの発病初期にも人間間の伝染証拠を発見し、上司にすぐ報告したが、黙殺された」と主張した。

新型コロナの感染拡大で、トランプ氏は国防生産法を発動し「自衛」に乗り出す• 国家主権の免責特権を剥奪など、可能な限りの手段を視野に入れて今後の措置が検討されている。 日本も中国の「人災」に対し、責任を追及すべき 新型コロナウィルスの感染拡大をめぐり、トランプ米大統領は18日に記者会見を開き、安全保障を理由に民間企業へ増産を要請する「国防生産法」を発動し、人工呼吸器や医療用マスクなどの提供を求める方針を示した。

中国に「コロナウイルス」感染とその犠牲に対する責任を問え!ペマ・ギャルポ最新刊『チベット人だからわかる 中国は消防士のフリをした放火魔』刊行:時事ドットコム

そのうえ周辺の国との紛争、経済減速、中国の暴走は世界からの孤立と国家崩壊の危機を招いている。

9
一方、「武漢市疾病予防コントロールセンター」の研究施設は、ホームページでは「感染病の病原体をいち早く明らかにすることや検査技術の研究を行っている」などと説明しています。 米国で事実を公表することを進められ亡命を決意したようだ。

新型コロナの発生源は? 真相究明求める声 世界で広がる

このような状況のなかで、今や数少ない親中派の代表ともいえる日本ですが、この世界の潮流にどのように向き合っていくのか注目されます。

9
しかも彼らの座席は例年同様に密集しており、中国政府が国民に求めるソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保ができているとは思えない。

「感染拡大、中国の責任」 トランプ氏、賠償請求も示唆 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「党政治局の緊急拡大会議の即時開催を求める建議」 しかし、事態は習氏が思うようにはいかないかもしれない。 これに対し、中央日報は「西側の主張に力を与える報道が中国から出ていたりもする。 確かに、アメリカの武漢から自国民の回収、隔離は徹底していたんですよね。

10
2カ月半遅れの開幕だ。

中国に「コロナウイルス」感染とその犠牲に対する責任を問え!ペマ・ギャルポ最新刊『チベット人だからわかる 中国は消防士のフリをした放火魔』刊行:時事ドットコム

また、アフリカで発生したエボラウイルスのワクチンの共同開発者の1人として名前を連ねている。 アメリカの新聞ワシントンポストは、この研究所を2年前に視察したアメリカの外交官が当時、コロナウイルスの研究の危険性とともに、研究所の安全面の体制が不十分だと警告する公電を送っていたと伝えています。 アメリカのメディアは、研究施設でウイルスが人工的に作られた可能性は極めて低いものの、これらの2つの研究施設では、研究員がコウモリを捕獲し、コロナウイルスについて研究してきたことから、何らかの理由でコウモリから人に感染した可能性が排除できないと伝えています。

18
トランプ氏が対中強硬姿勢を強…. 本来、疑うに足る情報ならばさっさと公開すべきだが、それもせず、ただ「情報機関」という響きに真実性が与えられて独り歩きする流れは、イラク戦争へと向かっていった過去を彷彿とさせる。

中国の科学者が暴露「新型コロナ、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する」(WoW!Korea)

現場の取材は、中国政府の認める報道機関に限定された。 厳しい行動制限など国民の誰もが自国発の感染症の影響を受ける中、中国当局と市民の攻防が密かに幕を開けた。

12
アメリカでは4月21日にミズーリ州のシュミット州司法長官が数十億ドルにおよぶ損害賠償の提訴を発表、テキサス州では20兆ドル、フロリダ州では6兆ドル、カルフォルニア州では8兆ドルなどの集団訴訟が提起しています。 中国紙は「雑音」と強く反発している。