横浜 市 区別 コロナ。 速報5日:市内96人・県内192人、18区別感染者数=港北区568・南区559・鶴見区551人、県が営業時間短縮要請・最大22万円の支援金【新型コロナウイルス 関連情報まとめ】横浜市・県・国からの最新情報、支援施策、統計他:12月5日 22時00分更新

「成人の日」を祝うつどい(成人式) 横浜市

5人(週)に相当する230人の1週平均数)以上となった場合、翌日までには「神奈川警戒アラート」を発動することとしています(7月17日から発動中)。 なお、4月10日と17日付けの発表では「発生届を受理した区別での集計が混在していました」(横浜市)として数の訂正が行われ、 鶴見区と泉区の感染者数が減少しています。

4
また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。 うち90代男性が亡くなった。

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数 横浜市

これに加え、これまでにチャーター便で感染者15名、空港検疫で感染者1,566名が確認されており、合計すると157,674名となります。 川崎市幸区:8人(4月5日現在)(人口:17. 0171となり、言い換えると市民1万人あたり171人がを受けている状況です。 4万人=3月時点)• 年代別では50代、70代、20代がTop3。

15
また、市内南部の 旭区でも13人増で20人台に乗せ、 瀬谷区では9人増えて17人となりました。

2週間ぶり区別の感染者数、港北区30人増、青葉区はワースト累計96人

横浜市の監査事務局の60代男性職員、横浜市立特別支援学校の30歳代女性教員、市立小学校の30代女性教員の感染を確認。 そのほか、区別発生状況を感染者数の多い区から並べると、鶴見区516人、港北区510人、南区495人、青葉区455人、神奈川区372人、中区357人、港南区355人、戸塚区311人、旭区281人、保土ケ谷区279人、西区227人、磯子区207人、金沢区203人、緑区185人、泉区144人、瀬谷区124人、栄区78人となった。

19
累積人数では、>>がTop3で前回更新から変わらず。

【新型コロナ】横浜で51人感染、1人死亡 横浜労災病院ではクラスターか 区別発生状況公表

横浜市の監査事務局の60代男性職員、横浜市立特別支援学校の30歳代女性教員、市立小学校の30代女性教員の感染を確認。 5人以下なら 青) 人口あたりの新規・累計感染者数が 横浜市の数値以下 10万人あたりの 新規感染者数が0. 死亡は93人 陽性患者の状況(11月29日付)は陽性患者数5893人に対し、無症状166人(2・81%)、軽症924人(15・67%)、中等症57人(0・96%)、重症24人(0・40%)、調査中41人(0・69%)、死亡93人(1・57%)、退院等4432人(75・20%)、その他156人(2・64%)となっている。

11
8万人(3月1日現在)• 3月:26人• 区別感染者数(週1更新) 区別データ11月6日時点のもの。

神奈川県 時短要請決定 横浜と川崎の酒類提供の飲食店など対象

新型コロナウイルスの感染者数は、市内でも、11月に入ってから急増し、直近1週間では1日当たり平均88. 0万人=3月時点)• それによると都筑区は200人で市内18区中14番目に多い数となった。 9月までは20代がぶっちぎり1位でしたが、10月は50代と70代の感染が多くなってます。 川崎市川崎区:9人(4月5日現在)(人口:23. 0243となり、言い換えると市民1万人あたり243人がを受けている状況です。

10
新型コロナウイルスについての一般的な相談は横浜市コロナウイルス感染症コールセンター【電話】045・550・5530(土日祝日含む9時〜21時まで)へ。

横浜市内新型コロナウイルス感染症患者区別発生状況【港北区・都筑区】【18区】対象情報【12月4日】

【2020年4月10日20時18分追記】横浜市の新型コロナウイルス感染者は、 4月8日の時点で累計100人を突破しました。 川崎市麻生区:5人(4月5日現在)(人口:18. 横浜市は11月26日時点の新型コロナウイルス感染症の区別発生状況(患者住所地)を発表した。

12
年代別は20代が22人で最多。

再感染防ぐ抗体98% 新型コロナ、免疫が半年持続―横浜市大が376人調査:時事ドットコム

感染者数累計は10月5日時点で3,265人 になりました。 現在、入院されている重症・中等症の方は、64人です。 都筑区、青葉区、港北区、緑区の横浜北部4区の人数は1350人で全体の24・20%にあたる。

3万人=3月時点) 【関連記事】 ・(2020年4月2日) ・(2020年3月19日) ・(横浜日吉新聞、2020年4月1日、川崎市は行政区別の発生状況を公開) 【参考リンク】 ・(横浜市健康福祉局). 新型コロナウイルスについての一般的な相談は横浜市コロナウイルス感染症コールセンター【電話】045・550・5530(土日祝日含む9時〜21時まで)へ。

再感染防ぐ抗体98% 新型コロナ、免疫が半年持続―横浜市大が376人調査:時事ドットコム

感染者数を区の人口比でみた場合は、中区>南区>西区がTop3。

6
重症:3人• 1万人=3月時点)• 50代12人、40代5人、30代4人、60代3人、80代と90代が各2人。 1万人=3月時点)• 【一覧表】神奈川県内+横浜市内の感染者を地域別【市町村名別+区域名別】まとめ最新情報【2020年8月16日】 \ 神奈川県内 6月6日時点 の感染者数の一覧表 / 市町村名 感染者数 +増加人数 横浜市 1479人 川崎市 823人 相模原市 225人 横須賀市 128人 藤沢市 183人 茅ケ崎市および寒川町 84人 平塚市 69人 鎌倉市 70人 小田原市 70人 逗子市 19人 三浦市 11人 秦野市 26人 厚木市 78人 大和市 89人 伊勢原市 16人 海老名市 34人 座間市 39人 南足柄市 12人 綾瀬市 17人 葉山町 5人 大磯町 3人 二宮町 6人 中井町 0人 大井町 3人 松田町 0人 山北町 0人 開成町 4人 箱根町 6人 真鶴町 1人 湯河原町 9人 愛川町 8人 清川村 0人 その他 4人 合計 3521人. 5倍となっており、警戒を強めています。

横浜市の感染者は累計300人超、港北区29人で市内2番目、青葉区が急増(4/24時点)

60代:9人• 営業時間の短縮に応じた店舗に1日あたり2万円の協力金を支払う。

3
また、国内死亡者は空港検疫での死亡1名を加えて2,283名となります。 2020年10月16日から2020年10月の間、20代の(新規感染者の)減少が最も長く続き、2020年10月19日から10月29日の間では、50代の増加(+5)が最も長く続いた。