いきなりステーキ 計画倒産。 絶不調「いきなり!ステーキ」が気づかない外食集客の鉄則とは

いきなりステーキ(ペッパーフードサービス)の決算にみる株価が下がると倒産する可能性がある理由|妄想する決算|note

150万(1000株)まで大幅に下げられていたので、 「そろそろ一気にダウンサイジングなり経営方針をガラッと変えてくれるかな?」「出店数の強みを生かして客にとってコスパのいい商品を提供してくれるかな?」 っと淡い期待を込めて150万(1000株)を再投資。 店舗の家賃や人件費は固定費なので、売上高の急ブレーキには対応できない。 それでも出店する為、人材育成が疎かになってしまったのかも…》 《店舗ごとで、やり方が全く違うし、同じ店でも上司によってやり方が違ってくる》 現場では人材不足や、ある意味、職人的な育成スタイルが不安視されていたようだ。

これは、なにかドラマが起こっているということです。

絶不調「いきなり!ステーキ」が気づかない外食集客の鉄則とは

「あれが、たくさんの従業員を束ねる経営者としての自覚が生まれた瞬間だった」と一瀬社長は振り返る。 関係者は「新会社のJPを売却して、再建資金に充てるのでないか」と見ている。 (ただ、今まで食べたことはありません(汗)。

1
こんなニュースがありました。

いきなり!ステーキ、大量一斉閉店ぐらいでは客離れは止まらない“深刻かつ根本的な”問題

資金調達による財務の健全化 新株予約権を行使して新たに株式を発行してそれを第三者に割当てる事で、ペッパーフードサービスは会社の推定で69億円ほどの自己資金を得る事ができます。 しかし、急速な出店が裏目に出て、地域によっては店舗間で客を奪い合うなど、売り上げは伸び悩むようになり、アメリカでも、立ったままステーキを食べるスタイルが消費者の支持を得られず、1年足らずでナスダックの上場を廃止しました。

1
下記は、業績予想の修正の文言です。

【いきなりステーキ】いきなり倒産か!?愚かな社長の愚行とは!?

今後株価の下落傾向が続くようだと、調達額が足りなくなってしまう可能性があり、新たな資金調達が必要となります。 下記を見てください。 その結果が17年12月期の大幅な増収増益から18年12月期の増収大幅減益という結果になったわけです。

9
こための3つのポイントについてお伝えしますね。 しかし、2018年度になると、既存店売上高が減少傾向にあるということがわかりますよね。

「いきなりステーキ」のペッパーフード、債務超過寸前で“個人から20億円借金”の異常状態

そこで、数値を分析するためのコツをお伝えしますね。 個人的な見解としては上手くいっても20年12月期にすぐに黒字化は難しいのではないかと思います。

12
という事で、ペッパーフードサービスが倒産して、社長の一瀬氏はペッパーランチに絞って再スタートする事を予測します!! ちなみにペッパーフードサービスは5月15日に予定していた決算発表を延期しています、この子会社設立が6月1日という事ですから、その後に決算発表を行いたいのではないでしょうか。

「いきなり!ステーキ」大量閉店、不振の理由はカリスマ社長の経歴にあった!?

3 :人材育成の不十分によるサービスの質の低下 清掃や接客といった店舗サービスの質の悪化も原因だと言われています。 17年、東証1部に指定替えとなった。 3%増)だった。

20
最後に現在のペッパーの幹部を新会社にスライドさせて、大株主をエスフーズ社長と、くにおに据える。