青梅 市 ハザード マップ。 洪水ハザードマップ

土砂災害特別警戒区域・警戒区域

青梅市土砂災害ハザードマップ 第1支会• 防災科学技術研究所の分析では、1. 283• こうした施設の整備を進めていても、それらの整備の水準をはるかに上回る大雨が降った場合には、浸水被害が発生するおそれがあります。 なお、の地域別防災マップにも最大浸水深予想(ランク別)が表示されています。 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。

令和元年12月19日付で東京都が改訂した黒目川、落合川、柳瀬川、空堀川及び奈良橋川流域浸水予想区域図の反映 <浸水予想区域図の改訂内容>• 全ての機能をご覧いただくには、Google Chrome、safari、Firefox、Microsoft Edgeなどのブラウザをご活用下さい。

清瀬市防災マップ・洪水ハザードマップ|清瀬市公式ホームページ

【ご覧になる際の注意点】 浸水範囲、深さなどは、雨の降り方や土地の形態の変化、河川、下水道の整備状況により変化することがあり、実際には、この想定と異なることがあります。 しかしながら、当市の洪水ハザードマップは風水害時の危険を周知する目的として、外水氾濫(河川から水が溢れ浸水する現象)と内水氾濫(下水道管が排水できなかったり窪地に水が溜まり浸水する現象)の両方を示し、作成しております。

増幅率の数値が大きいほど地盤が揺れやすいことを示します。 増幅率の数値が大きいほど地盤が揺れやすいことを示します。

東京都青梅市新町のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

その場合はお手数ですが、からご連絡ください。 (想定し得る最大規模の降雨による洪水)• 浸水想定区域及び土砂災害警戒区域等の詳細について 福生市内で指定されている浸水想定区域や土砂災害警戒区域などについては、国土交通省が作成するハザードマップポータルサイトから閲覧できる「重ねるハザードマップ」において、より詳細な地図をご覧いただけます。

5
多摩川水系多摩川の洪水予報区間について、水防法の規定により定められた想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。 兵庫県の管理する河川について、これまで河川整備の目標としている降雨により河川が氾濫した場合の洪水浸水想定区域図が公表されていましたが、近年、目標を上回る降雨により甚大な洪水被害が発生していることを受け、想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図等の公表が進められています。

福生市防災マップ、多摩川洪水・内水ハザードマップ|東京都福生市公式ホームページ

災害情報について 国土交通省が公表した「多摩川水系多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図(想定最大規模)」及び「家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)」をもとに、多摩川が氾濫した場合に想定される浸水範囲、深さ、避難所などを示した地図です。 5,199• 下表にハザードマップを公表している自治体及びそのリンクとハザードマップの基となっている図を掲載します。

19
() 東京都青梅市東青梅の建物倒壊危険度. 5メートル以上が継続する時間 家屋倒壊等氾濫想定区域図 新規 (なし) 氾濫流又は河岸侵食により家屋等の 流出・倒壊のおそれがある範囲. 指定の根拠法令 : 水防法 昭和 24年法律第 193号 第 14条第 1項• マップの無断加工、編集等はご遠慮ください。

清瀬市防災マップ・洪水ハザードマップ|清瀬市公式ホームページ

【変更前】平成12年9月東海豪雨 一時間最大雨量114mm、一日総雨量589mm 【変更後】想定最大規模豪雨 一時間最大雨量156mm、一日総雨量657mm• 6.宅地建物取引業者の方へ 当市の洪水ハザードマップは当市に、現状、洪水浸水想定区域、雨水出水浸水想定区域、高潮浸水想定区域が存在しないため、水防法に基づくハザードマップではございません。 2,135• 市からの避難情報や気象情報、河川水位情報などに注意し、堤防が決壊する前に避難が完了するようにしましょう。 浸水想定の算出精度が上がりました。

7
MP3版• 配布日以降に転入された方には、転入手続き時に総合窓口課で配布をしています。 新しい多摩川水系多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図等について 新しい多摩川水系多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図等は、下記のホームページを参照してください。

福生市防災マップ、多摩川洪水・内水ハザードマップ|東京都福生市公式ホームページ

大雨時の警戒レベルを用いた避難情報など、避難行動を考えるために必要な情報の掲載• 居住用物件を購入する際は、必ずその地域の「」を確認し、事前に災害リスクを把握して大切な命を守りましょう。 なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支川の決壊による氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮、内水による氾濫等を考慮していませんので、この洪水浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、指定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。

3
下記よりダウンロードして、ご活用ください。