原田 武夫 ブログ。 原田武夫氏と藤原直哉氏の近未来予測とQアノン情報

【原田武夫】アメリカ大統領選と中国共産党政権の崩壊

そさて、ドイツのデモは、コロナ対策が根本的に違っていることに対する民衆の反対意識で、何らかの勢力が動員しているのではないか。

。 このブログでも何度も取り上げてる方です。

原田武夫氏と藤原直哉氏の近未来予測とQアノン情報

その先は、超インフレ、ハイパーインフレに向かって行くだろう。

17
今回の公開動画でようやくピンと来ました。

フィンセン文書は、原田武夫氏の言うガラ(大暴落)のトリガーか

スティーブン・バノンが逮捕されたのが気になるが。 (原田武夫の道中辻斬り Vol. 免疫があるハズなのに、再感染はしないからな。

13
しかし、どっちもPCRは陽性だ。 しかし、2019年12月25日には原田武夫氏が予想・予言していた事態にはならず、その分析が間違っていたことを説明する動画がアップロードされました。

いよいよ何かが始まる!スペシャル対談!原田武夫さん×玉ちゃん 10月13日(土)in丸の内!

つぁぁぁ。 との回答だ。

19
弾圧で臨む必要性も頷ける。

やまもといちろう 公式ブログ

この太陽活動の変化が、我々地球人類の大掃除に関連していると匂わせています。 かくいうワタスも今、強烈に感じています。

7
新型コロナの無症状感染者が多いと言われているが、何のことはない。

» 新年明けましておめでとうございます。今年は阿修羅の如く。

まず考えられるのは、ロシアゲート第2弾だ フィンセン文書で名前が上がっているドイツ銀行には、トランプ&ロシアの関係に関する疑いもある。 世界の枠組みそのものが大きく変革しようとしている今、あなたにはその先の新しい「世界の秩序」が見えていますか? 北朝鮮問題、トランプ大統領、仮想通貨など一見独立したテーマに見えますが、実は全ては繋がっています。

4
慶應義塾大学法学部政治学科卒。

【原田武夫】アメリカ大統領選と中国共産党政権の崩壊

フィンセン文書のミソは「SAR(不審行為報告書)」と呼ばれるものだ。 となるとやはりトリガーは「フィンセン文書」か。

2
呼吸器症例数とは相関関係があるくらいだからな。

» 新年明けましておめでとうございます。今年は阿修羅の如く。

おほぉ。

一見すると、国際金融資本勢力(ディープステート)へのダメージを狙ったものと考えてしまう。 — 半開き受け口眼鏡 ukeguchimegane これは酷い。

【原田武夫】新型コロナの真実が明らかになり日本でも暴動が起こる!?

経済・金融システムの根幹は中華文明が作ったものであり、莫大な資産を保有している。 そして、その大デモのきっかけを作るのは国体勢力であり、問題はそれがいつ発動されるのか。 さて、皆様は原田武夫さんはご存知でしょうか。

6
【速報】米国と国連が声明発表 「中国はウイグル自治区で100万人以上を拘束、大量虐殺に近い行為を行っている」(動画あり) — ツイッター速報 tsuisoku アメリカと国連が共同で声明を出した。 ちなみに、原田武夫氏の別の動画ではドイツデモに付いて、日照量の多い時期にステイホームさせられたこともデモと関係していると言っていた。