グラス トラッカー。 スズキ・グラストラッカー

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

14 ネット決済 :• トラッカーブームとストリート系カスタムの隆盛にのってグラストラッカーは登場時から大変な人気を博した。 島根 0• バッテリーを開放型からメンテナンスフリータイプ(密閉型)に変更。 ちなみに、250ccクラスのストリート系で1番化けるのは、BEET JAPANから354ccボアアップキットが出ている250TRです。

10
それを見越して、「お店を選ぶ」ということも、バイクを選ぶのと同じく重傷な要件です。 フレームが共通で外装パーツもほぼ同じ、スイングアームとフロントフォークを延長して前後のタイヤ径を拡大し、グラストラッカーを一回り大きくしたラージスケールモデル。

短期連載 「250の魅力を探る」シリーズ SUZUKI グラストラッカー

また、どちらの車両もJ438型と呼ばれるエンジンが搭載されており、二次減速比の違いこそあれ、全く同じエンジンを搭載しています。

13
更にマフラー内に三元触媒、O2フィードバック制御システムを採用し、環境にも配慮。 外観上でもエキパイの取り回しから見てとれる。

スズキ・グラストラッカー

足着き性はスリムな車体、細身のシートも相まって良好。 純粋なバイクとしての進化がグラストラッカーの魅力といえるでしょう。

12
車体色は、2色 パールグラスホワイト、ソリッドブラック。

スズキ グラストラッカー 一週間試乗インプレッション [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

4 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 403. 安心して乗れます。 ブレーキのタッチなどけっして高級感はないが、それでも必要にして十分。 私は以前ボルティを所有していたことがありますが、5万キロ走って多少エンジンから異音が出るようになっていましたが、当たり前のメンテナンスだけで元気に走ってくれました。

1
グラストラッカーは250ccクラスの車種としては一際小柄なバイクに仕上がっている。

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

グラストラッカーのトレール量は 107mmです。 重量は136キロとなっている。

2
2008年9月22日にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

この人気はどこになるのでしょうか。 グラストラッカーのタイヤは、ダンロップのTT100GP(ロードタイヤ)。

ブレーキ性能 峠道を攻めるには 的確な減速が必要です。 249ccの空冷4スト単気筒エンジンを搭載。

TWかFTRかグラストラッカーでは一番どれに乗りたいでしょうか?また一番...

スズキ・グラストラッカー/ビッグボーイの動画集. 2007年自動車排出ガス規制に適合させるため、燃料供給装置についてキャブレター方式から方式に一新。

ビッグボーイも燃料供給装置についてキャブレター方式からインジェクション方式に仕様変更され、販売が再開された。

グラストラッカーとビッグボーイの違いを比較

Sエンブレムが変更。 116• ホイールベースは1325mm、シート高は750mm。 燃料供給装置は同じくインジェクション方式になったST250 E typeと共通のもので、この変更によりエンジン出力は19PSと低下したが、実用トルクが若干上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現させた。

4
燃料残量警告灯が装備された。